バイオガスの有効利用

 

生物学的プロセス | バイオガスの有効利用 | 消化液の有効利用 |

バイオガスを有効利用することで、プロジェクトの収益性を上げることができます。バイオガスには以下のように様々な用途があります。

 

  • 熱電併給 (CHP) ユニットにより発電し、配電網へ送ります。熱はエンジン冷却サーキットから回収し、プロセスの自給自足エネルギーあるいは外部の熱消費(ビル、家、工場等)のために用いられます。
  • アップグレーディング・ユニットを通したバイオメタンの生成が可能です。バイオガスからバイオメタンへ精製、圧縮され、ガス管網へ送ります。
  • アップグレーディング・ユニットを通したガスボトリングが可能です。
  • ボイラーによる熱生成が可能です。
  • Naskeo環境は30機におよぶターンキー熱電併給 (CHP) ユニット(80 kW 〜1.2 MW)およびバイオメタン・ユニット(50 Nm3/hから 500 Nm3/h)を建設しています。